こんにちは。THE STADIUM HUB® 編集長の有川です。

昨今の日本では、第4次産業革命と並ぶ再興戦略の1つに『スポーツの成長産業化』が掲げられています。その中で、私は『スポーツの成長産業化』の中核は、スタジアム・アリーナ改革だと感じています。
※第4次産業革命...IoT、ビッグデータ、AIの活用により産業構造の変化

スポーツ文化をドライブさせる場であるスタジアム。新しく作られていくスタジアムだけではなく、既存のスタジアムにも最新テクノロジーを加えることで機能を最大化し、持続可能性を持った価値提供が出来る場へ変化させることができます。

きっとスポーツ観戦者だけではなく、それ以外の利用者や周辺地域にも価値のある場となります。

そのためにはさまざまな業種の融合し、新事業及びイノベーションの創出を行う必要があります。


私たちは本サイトにて国内外のスタジアムに関する事例などを継続的に提供し、より良い発想を持つきっかけをつくったり、スタジアムを中心にした関係者がお互いの立場・考えを理解する支援をしたりすることで、"さまざまな業種の融合"を促進していきたいと考えています。

そういった意味合いを込め、"THE STADIUM HUB®"という名前をつけました。

スタジアム・アリーナ情報のハブ、競技を超えたハブ、街や国境を超えたハブ、業種を超えたハブになることが目標です。


なお、私たちは主に以下のようなコンテンツを提供していく予定です。

  • 世界のスタジアム・アリーナ情報発信をリードする2社(Xperiorogy社、PanStadia & Arena Management)との協業による、海外スタジアム・アリーナ情報の提供
  • 国内のスタジアム・アリーナ関連記事のキュレーション
  • スタジアム・アリーナやスポーツビジネスの関係者・有識者へのインタビュー
  • 各種スタジアム・アリーナ関連会合のレポート

最後に編集長である私自身の紹介をさせてください。

鹿児島県出身の昭和43年生まれ。
大学時代から約30年で、3,000を超える国内外の野球場、サッカースタジアム、陸上競技場、ラグビー場、アリーナを巡ってきました。試合やイベント目的だけではなく、スタジアム目的での訪問も多数あります。

そんなスタジアムフェチな私が、編集長を務める"THE STADIUM HUB®"をどうぞよろしくお願いいたします。


≪運営会社≫
本サイトは株式会社ウフルが運営を行っております。

株式会社ウフルはIoTに関連する事業を多方面に展開しています。
もしよろしければ、ぜひ一度ホームページをご覧ください。

株式会社ウフル ホームページ


※「THE STADIUM HUB®」は、株式会社ウフルの商標または登録商標です。