編集者コラム 第3回 ~日産スタジアム 芝生ツアー~
編集者コラム 第3回 ~日産スタジアム 芝生ツアー~

編集者コラム 第3回 ~日産スタジアム 芝生ツアー~

  • twitter
  • facebook
  • bookmark
  • push
  • line
  • twitter
  • facebooks
  • bookup
  • push7

こんにちは。編集の中根です。

つい先日、「親子で体験!日産スタジアムの芝生」という横浜市環境創造局が主催のイベントに参加してきました。(完全にプライベートです)

日産スタジアムでは、2002FIFAワールドカップを題材にした「ワールドカップスタジアムツアー」や、横浜F・マリノスの選手とコミュニケーションを取りながらの「選手と体験ツアー」といったスタジアムツアーがありますが、今回参加したのは芝生に特化したツアーです。

ちなみに、今回のツアーは無料でした。

このツアー、例年は6月頃に実施しているそうですが、今年はハイブリット芝への張替え工事があったため、8月下旬の開催でした。
※張替え工事の詳細はこちら(新横浜公園・日産スタジアム スタッフブログ)

それでは、内容をご紹介します。

まず始めに横浜みどりアップ計画やハイブリット芝について、プロジェクターを使って説明してくれます。いわゆる座学ですね。

親子で体験!日産スタジアムの芝生

ただ、この座学は小さい子どもがたくさん参加していることから、内容はコンパクトに、時間は短くまとめてくれています。助かります。

座学については上で紹介している張替え工事についてのブログやみどりアップ計画のホームページとほぼ同じ内容で、子どもを考慮して簡単にしてくれている印象です。

ここで芝生について教えてくれた方は、苗字に"シバ"が入っていました。

そして、座学の次は待ちに待った芝生に触れあえる時間です!

参加者を
・ポット苗作り
・芝生体験
の2グループに分け、あとで入れ替えるような流れになっています。

今回はポット苗作りから始めるグループになったので、ピッチの芝生に触れたい気持ちを抑えて作業です。

ポット苗作りは非常に簡単でした。ポット(薄いプラスチックのカップのようなやつ)に土を入れて、芝の苗を敷き詰め、土で蓋をする。以上です。

親子で体験!日産スタジアムの芝生

非常に簡単なので幼稚園児でも1人で出来るもので、子どもにも満足度が高そうでした。

なお、ここで作らせてもらえるポット苗はハイブリット芝ではありませんが、家に持って帰ってプランターで育てることができます。家で大好きなスタジアムと同じ芝生を育てられるのは、すごく嬉しいです。

このポット苗の作り方を教えてくれる方、スタッフブログの芝生観察日記を書いている方だったそうです。

そのあと、芝生体験組との入れ替えまでに時間が空くので、ロッカールームを見学させてもらえました。

見学したロッカールームはアウェイ側のもので、2002年のFIFAワールドカップ決勝でブラジル代表が使ったロッカーです。

初めて知ったのですが、普段アウェイチームが使っているロッカーの背面には蓋がされており、それを外すとブラジル代表の選手たちのサインが書いてあるのです。それが公開されています。

サインの他にも当時のユニフォームが飾ってあり、ロナウド・リバウド・ロナウジーニョの3Rや、カフーとロベルトカルロスの両翼などなど、2002年の映像が思い出されます。

親子で体験!日産スタジアムの芝生

ホーム側にはクラブワールドカップで使用したバルセロナのサインがあると聞いたので、今度はホーム側に入れるツアーに参加してみたくなりました。

そして、お次は芝生体験です。

普段、選手が躍動しているピッチに入って、走り回ったり、寝転がったりと自由気ままに楽しむことができます。さらに、サッカーボールやラグビーボールもある程度の個数を用意してくれているので、実際にボールを蹴って転がり方を体験するなどができます。

ハイブリット芝の説明時にもありましたが、天然芝の根っこを絡めるためのパイル&基布(下の写真)が土の下に追加されたため、前よりも踏んだ感触が固くなったそうです。以前の日産スタジアムのピッチに立ったことはありませんが、他の天然芝ピッチよりも固いように感じます。

親子で体験!日産スタジアムの芝生

我が家の子どもたちは、いつもゴール裏2階席から見ているピッチに立てて嬉しかったようで、炎天下にも関わらず30分ずっとボールを蹴って走り回っていました。

ちなみにこのイベント、水のペットボトルを配布してくれるなど、健康管理にも気をつかってくれているのが嬉しいです。

プログラムはこれですべて終了で、最後にスタッフの方々がお見送りしてくれてスタジアムを去ります。芝生体験の時に子どもに絡んでくれたり、スタッフの方々は本当に優しかったです。

親子で体験!日産スタジアムの芝生

そして、家に帰ってさっそくプランターに芝生を植えてみました。暖かい時期だったため、植えて数日で芝生が土から芽を出すようになりました。

今回の芝生ツアーに参加してみて、小さい子ども(我が家は3歳と1歳)をターゲットにするスタジアムツアーは、歴史の説明などではなく実際に手を動かして何かを作ったりするコンテンツだと良いと感じました。

個人的に、スタジアム・クラブチームは子どもたちの"ゆりかごから墓場まで"付き添う存在であってほしいと考えていますので、各年代にあわせてコンテンツを提供してくれる日産スタジアムには非常に感謝です。

5歳までのスタジアム体験が大人になってからの愛着に繋がるという研究結果もあるそうなので。

なお、このツアーは抽選倍率が3倍という人気だそうです。来年はラグビーワールドカップ、再来年は東京オリンピックがあるのでどの時期の開催になるのでしょうか?

日産スタジアムのホームページから目が離せませんね。

芝生愛が伝わってくる、スタッフブログの芝生観察日記にも要注目です!
芝生観察日記(新横浜公園・日産スタジアム スタッフブログ)

今後は他のスタジアムの色々なプログラムにも参加してみたいと思います。


THE STADIUM HUBの更新お知らせはこちらをフォロー
Twitter:@THESTADIUMHUB
Facebook:THE STADIUM HUB

  • line
  • twitter
  • facebooks
  • bookup
  • push7