バルセロナ、カンプ・ノウの命名権売却に向けた交渉を認める
バルセロナ、カンプ・ノウの命名権売却に向けた交渉を認める

バルセロナ、カンプ・ノウの命名権売却に向けた交渉を認める

  • twitter
  • facebook
  • bookmark
  • push
  • line
  • twitter
  • facebooks
  • bookup
  • push7

FCバルセロナの本拠地カンプノウはサッカーファンの聖地ともいえる
バルセロナの本拠地「カンプノウ」 (画像:Ayman.antar7)

スペインのサッカー、ラ・リーガのプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属するFCバルセロナは、本拠地カンプ・ノウのネーミングライツ(命名権)契約について、2~3社と交渉中であることを認めた。

同クラブは現在、カンプ・ノウと周辺地域の大型再開発プロジェクト「エスパイ・バルサ(Espai Barça)」を進行中で、その資金調達の一環として、事業パートナーとの協働を模索している。

総合情報サービス会社のブルームバーグに対し、FCバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は以下のように話す。

「カンプ・ノウの改修が大きな注目を集めますが、エスパイ・バルサはそれだけのプロジェクトではありません。新たにアリーナを建設するなど、街づくりといえる規模です。投資総額は6億ユーロ(796億円=当時)におよびます。その半分をカバーできるようなネーミングライツの契約を念頭に、2~3社と話をしています」

2016年3月、クラブはこの再開発プロジェクトの国際設計コンペの勝者に、日本の日建設計とスペインのパスカル・アウジオ・アルキテクテスの共同チームを選んだ。2015年6月に始まった同コンペには、世界中から26社が参加した。クラブのソシオはこのコンペでは、新たなスタジアムの新設ではなく、既存のカンプ・ノウの改修することを条件としていた。

1957年にオープンし、現在99,354人の収容人数を誇る歴史的なスタジアムのカンプ・ノウが、大改修を経て、105,000人収容のさらに巨大なモニュメントへと生まれ変わる。

Copyright: Xperiology/TheStadiumBusiness.com - reproduced with permission.
元記事 - BARCELONA IN NEGOTIATIONS FOR CAMP NOU NAMING RIGHTS DEAL

TSB-Logo.png



THE STADIUM HUBの更新お知らせはこちらをフォロー
Twitter:@THESTADIUMHUB
Facebook:THE STADIUM HUB

  • line
  • twitter
  • facebooks
  • bookup
  • push7